1. TOP
  2. ANAマイル
  3. 【2022年10月37,000マイル!】ANA VISAプラチナ入会で一番お得なキャンペーン、ポイントサイトは?マイ友の並行活用は必須!

【2022年10月37,000マイル!】ANA VISAプラチナ入会で一番お得なキャンペーン、ポイントサイトは?マイ友の並行活用は必須!

 2020/01/24 ANAマイル
 

ANA VISA プラチナ プレミアムカードは現在ANA公式キャンペーンをやっているので入会のチャンスです!

 

ANA VISA プラチナ プレミアムカードといえば、ANAカードの中でも最上級の部類に入るカードです!

私が人生で初めて作ったプラチナカードになります!

年会費は80,000円+消費税 と結構なお値段がしますが、それだけのステータス・メリットを感じさせてもらえます。

そして何より買い物・決済でマイルがザクザク貯まります!

そんなANA VISA プラチナ プレミアムカードのお得な入会方法の最新情報を調べました!

 

このページでわかること
  • ANA VISAプラチナプレミアムカードの最新キャンペーン
  • ANA VISAプラチナプレミアムカードの最もお得な入会方法
  • ANA VISAプラチナプレミアムカードのメリット・デメリット

ANA VISAプラチナプレミアムの入会キャンペーン

クレジットカードの入会には、入会時にたくさんマイルやポイントがもらえる入会特典を利用しないといけません。

現在ANA VISAプラチナプレミアムカードの最もお得な入会方法は、

カード入会者からの紹介制度による5,500マイル+カード入会特典の10,000マイル+公式キャンペーン21,500マイルを合わせた

37,000マイルゲットが最もお得な入会方法となります。

ポイントサイトのキャンペーンも使えば

1000円~800円、マイルに換算すると750マイル~600マイルをプラスアルファで獲得可能です。

それでは、ANA VISAプラチナプレミアムのポイントサイト、ANAカード公式キャンペーン、カード紹介者からの入会特典を調べた結果について順を追ってご説明します。

ポイントサイトの入会特典

まずはポイントサイト!

ポイントサイトとは、「このポイントサイト経由でカード申し込みページにジャンプして申し込むとポイントが貯まりますよ!」というお得なサイトですね。

ポイントサイトにはいろんなカード新規作成案件が掲載されているのですが、

ANA VISAプラチナプレミアムカードのキャンペーンを調査した結果、

残念ながらポイントサイト案件はありませんでした!(涙)

2022年10月1日時点のポイントサイト比較結果

ポイントサイト 獲得ポイント
ちょびリッチ 掲載なし
モッピー 掲載なし
ハピタス 掲載なし
ニフティポイントクラブ 掲載なし
ポイントインカム 掲載なし

 

ANAカード公式キャンペーン

ではANAの公式キャンペーンはどうでしょうか?

2022年7月1日から10月31日までANAと三井住友カードの両方で入会キャンペーン実施中です!

  1. 通常入会特典10,000マイル
  2. 三井住友カードよりさらに6,000マイルプレゼント!
  3. 2022年12月31日までに5万円以上カードを利用すると7,000マイルプレゼント!
  4. 2022年12月31日までに10万円以上カードを利用すると5,000マイルプレゼント!
  5. 家族カード作成で2,000マイルプレゼント!
  6. 10万円のカード利用で1,500マイル(還元率1.5%)

合計で31,500マイルが貯まる!

 

さらに本ページからのマイ友プログラム申込みで5,500マイルプレゼント!

入会時にもらえるマイルをプラスする方法として、ANA公式サイトが実施しているマイ友プログラムという紹介制度の利用があります!

すでにANAカードに入会している入会者の紹介を受けて、カードに新規入会することで通常入会特典に加えてさらにプレゼントマイルがもらえるという制度です。

プレミアムカードに入会時のプレゼントマイルはなんと5,500マイルです!

 

本サイトからマイ友プログラムを利用して、
ANA VISA プラチナプレミアムを申し込むと、5,500マイルのボーナスマイルをもらえます。

 

ですので、今ならANAと三井住友カードのキャンペーンと合わせて35,500マイルが獲得できます!

  1. 通常入会特典10,000マイル
  2. 三井住友カードよりさらに6,000マイルプレゼント!
  3. マイ友プログラム登録で5,500マイルプレゼント!
  4. 2022年12月31日までに5万円以上カードを利用すると7,000マイルプレゼント!
  5. 2022年12月31日までに10万円以上カードを利用すると5,000マイルプレゼント!
  6. 家族カード作成で2,000マイルプレゼント!
  7. 10万円のカード利用で1,500マイル(還元率1.5%)

合計で37,000マイルが貯まる!

 

入会の仕方を順を追って説明しますね!

まずいちばん大事なことは、カードを申し込みする前に、マイ友プログラムを登録すること!です。

マイ友プログラムを登録せずにカードを申し込みしてしまうと、せっかくもらえるはずだった5,500マイルがもらえなくなってしまいます。

 

マイ友プログラム登録→カード入会→紹介マイルと入会特典マイルを獲得

という順番でANA VISA プラチナプレミアムの入会特典マイルを獲得してください

 

紹介ボーナスマイル5,500マイルが獲得できます!

2022年7月1日から10月31日までのANA公式キャンペーンと合わせると

合わせて37,000マイル獲得できます!

 

それでは、以下の手順で入会申込をしてください。

まず、本サイトから「マイ友プログラム」に登録します。

>>ANAカードマイ友プログラム登録ページに移動する<<

ページに移動したら、紹介者の名前と紹介者番号を入力するページがでてきますので、

次のようにいれてください。

紹介者情報欄に記載する内容

紹介者氏名:マツサカ ススム

8桁の紹介番号:00087843

申込者情報には、「あなたの氏名」と「生年月日」を入力します

そして、

次へボタンをクリックしてマイ友プログラムの登録をしてください。

 

登録が完了すると、以下の画面に移動しますので、

ANAカードにご入会の方はこちらをクリック頂き、ANA VISA プラチナプレミアムに入会してください

 

あとは、家族カード作成と

12月31日までにカードを10万円以上使えば

合わせて35,500マイルもらえます!

35,000マイルあれば閑散期であればハワイ往復が可能です!!

 

ANA VISAプラチナプレミアムのメリット

さて、入会の仕方がわかったところで、ANA VISAプラチナプレミアムカードにはどんなメリットがあるのか説明します。

ANA VISAプラチナプレミアムカードは私のメインカードですので、実際の体験談なども書いてみました!

プラチナカードだけあってメリットてんこ盛りです!

還元率が高い

まずはなんといっても還元率ですね!

還元率はANAカード最強レベルの1.5%!

100円使うごとに1.5マイル貯めることができます。

そして不動産投資家である私が何よりうれしいのは、

買い物だけではなく、

納税(所得税、固定資産税などの国税・地方税)も火災保険の費用の支払いもなんでも1.5%還元!

というところです。

AMEXやダイナースなども高還元カードなのですが、こういった納税や保険関係は通常の50%しかマイルがたまりません。

ですので、どんな商品・サービスの利用でも還元率が変わらないANAVISAプラチナはとっても重宝しています。

また、ANA航空券の購入でも100円で3.5マイル貯まり、

搭乗ボーナスマイルも50%もらえますので、本当に普通に使っているだけでザクザクマイルが貯まるカードです!

 

ANA VISA プラチナ プレミアムカード還元率まとめ

入会・継続マイル 10,000マイル
還元率 100円毎に1.5マイル
ANA航空券購入 100円毎に3.5マイル
搭乗ボーナスマイル 50%

 

継続ボーナスマイル10,000マイル

ここまでも何度か書いていますが、

ANA VISAプラチナプレミアムカードは毎年継続するだけで10,000マイルもらえます!

これは非常に大きいです!

ご参考までに、

継続ボーナス有り無しで、ビジネスクラスでハワイ旅行に行くために必要な決済金額を比較してみましょう。

レギュラーシーズンのハワイ往復ビジネスエコノミーの特典航空券は65,000マイルです。

ボーナスマイルがなければ、ハワイビジネスクラスに必要な決済金額は、

65,000マイル✕100円/1.5マイル=4,333,333円 で433万円となります。

 

では、継続のボーナスの10,000マイルを考慮すると、、、

(65,000マイル-10,000マイル)✕100円/1.5マイル=3,666,666円で367万円になります!

 

年間367万円決済すれば、毎年ビジネスクラスでハワイを往復が可能!

年間367万円であれば、

通常の買い物、携帯、電気などの固定料金、納税など支払いをまとめれば不可能ではない数字だと思います。

決済だけで毎年ビジネスクラスでハワイ旅行!も夢では無いカードと言えるでしょう!

 

ちなみにレギュラーシーズンでのハワイ往復のビジネスクラスはかなり安くても25万円はしますから、

100円買い物するごとに7円ずつ得しているという状態になります。

 

空港ラウンジサービス

つづきましてはANAの上級カードらしい空港ラウンジに関するメリットです。

ANA国内線ラウンジサービス

ANA VISAプラチナプレミアムカードをもっていると、

国内線のANAラウンジを利用することができます。

航空会社の専用ラウンジだけあって、クレジットカード会社のラウンジと比べると、かなり高級感のあるラウンジです。

ソフトドリンク、アルコール、おつまみも無料、WiFiも無料になっています。

ただしANA VISAプラチナプレミアムカードだと、カードを持っている本人のみ利用可能で、

同伴者は入室NGですのでお気をつけください。

そこはやはり、実際に飛行機をたくさん利用しないと獲得できないANAプレミアムメンバーの方が優先されるということです。(ANAプレミアムメンバーだと大体同行者1名まで入室無料)

 

羽田国内線 ANAラウンジ(本館北)

羽田国内線 ANAラウンジ(本館南)

国際線ラウンジサービス プライオリティ・パス

国際線のラウンジに関しては、

ANA VISAプラチナプレミアムカードを見せても入れるラウンジはありませんが、

ANA VISAプラチナプレミアムカードを持っているとプライオリティパスが無料で作れます!(申込みは必要です)

プライオリティパスは、世界中の空港ラウンジを利用することができるサービスで、

世界130ヵ国500都市1,000ヵ所以上の提携ラウンジを自由に使うことができます!

ANA VISAプラチナプレミアムカードを持っていると、

無料で、世界中の空港ラウンジを使用することができるプライオリティパスのプレステージ会員(年会費429ドル)になることができます。

海外旅行・出張の多い方でしたら、これだけで6万円!年会費の75%の元が取れることになります!

保険サービス

この保険サービスには本当に大変お世話になっています。

旅行の障害保険は最上級カードにふさわしい保険内容になっています。

しかも傷害保険は自動付帯ですので、旅行中にANA VISAプラチナプレミアムカードを使ったかどうかは全く関係なく保険が適用されます。

(航空便遅延保険は海外は自動付帯。国内は航空券をANA VISAプラチナプレミアムカードで決済することにより付帯)

海外で病気になったときも気軽に病院に行けてとても便利です。

本当に安心して旅行にいけますね!

保険 保険金額
海外旅行傷害保険 1億円
国内旅行傷害保険 1億円
航空便遅延保険 2~4万円

地味に嬉しいのが海外旅行傷害保険の賠償責任の保険ですね。

レンタル品にも適応されるので、海外WiFiのレンタルにも対応します。

WiFi業者が勧めてくる保険に入らなくても、もしもの場合ANA VISAプラチナプレミアムカードの保険が対応してくれるので、WiFiレンタルの費用がかなり節約できます。

航空便遅延保険も使えます!出航遅延による食事代、ホテル代、ロストバゲージで荷物が返ってくるまでに購入した生活必需品は保険金を払ってくれます。

また忘れがちですが、

お買い物安心保険も注目です!

ANA VISAプラチナプレミアムカードで買った物品が購入してから90日以内に事故で損害を受けたときには、自己負担額3000円で500万円までの補償をしてくれます。

購入したばかりのスーツで転んで、スーツを破っちゃった!なんてときもこの保険で補償してもらうことができます!

海外旅行のサービス

海外WiFiのレンタル費用割引

このサービスも私はよく利用しています。

プラチナ会員専用のURLでアクセスすることができて、定価の25%割引になっているので非常に安くWiFiを借りることができます。

長期の海外旅行だとWiFiのレンタル料金もバカにならないので大変重宝しています

空港宅配

国際線のフライトを利用する際に、

2個までの手荷物を1個500円で、自宅から空港へ宅配してくれるサービスです。

空港から自宅への宅配も同じく2個までの手荷物を1個500円で宅配してくれます!

自宅-空港間のスーツケースでの移動って本当に大変ですよね。

このサービスを使えば手ぶらで空港まででかけることができます!

ただし対象空港は今の所、成田・羽田・中部国際空港・関空の4つの空港になります

プラチナコンシェルジュ

プラチナカードといえば!のコンシェルジュサービスももちろん利用することができます。

24時間・年中無休で、あなた専用のコンシェルジュのように、ホテル・レストラン・チケットを手配してくれるサービスです。

自分の力では取りにくい人気レストランの予約や、観劇・コンサートのチケットなども、コンシェルジュに頼んでみるとあっさり手配できたりします!

また、そんな高額なサービスの手配ではなくても、前述の空港宅配サービスの手配など、面倒と思うことをお願いすれば良いです。コンシェルジュですから快く対応してくれます。

私はやっぱりレストラン探しに一番重宝しますね。

次に紹介しますが、ANA VISAプラチナプレミアムカードにはレストランの食事が1名分無料になるサービスがありますので、その優待サービスがあるレストランなども探してもらってます。

日時・場所・食べたいもの、優待サービスを利用したい。などお願い事項を伝えて、お店を教えてください。

とお願いすると候補のレストランを探していただけて、予約までしてくれるので、とても楽です。

また接待や大人数の宴会など、実際に自分がお店の雰囲気を知らないと不安になってしまうときでも、

コンシェルジュに、会食の目的を伝えれば、それにふさわしいお店を見つけてきてくれるのでとても便利です!

プラチナ プレミアム グルメクーポン

東京・大阪を中心に約100店舗の一流レストランで2名以上のコース料理を利用すると、1名分の食事代が無料になるサービスです。

丸ビル最上階のアンティカ・オステリア・デル・ポンテ

サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京店

IL PINOLO

などの有名レストランのコース料理が1名分無料になりますので、

有名レストランでの食事が好きな人は、このサービスだけで年会費を回収することができますね!

妻との記念日の食事にはこのサービスをよく使わせてもらっています!

1名分無料だからといって手抜きされるなんてことはなく、まったくすごいお得なサービスです!

 

ANA VISAプラチナプレミアムのデメリット

年会費が高い

デメリットと言えば、なんといっても¥80,000+消費税の年会費でしょう。

逆にそれ以外にデメリットは特に見つかりません。

VISAなのでどこでも使えますし、Edy、iD機能もついてますのでキャッシュレスにも完璧に対応できます。

私はこのカードのおかげで、財布は捨ててカードケースだけ持ち歩くようになったくらいです。

まぁ流石にSuicaやPASMOの機能は無いですけどね(笑)

プラチナカードとしての提供サービスも十分ですし、

ステータスカードであるプラチナカードの中では年会費は高くないですしね

(アメックスプラチナは年会費14万3千円、ダイナース プレミアムカードは年会費13万円)

また、ANA VISAプラチナプレミアムは年会費が割引になるサービスは一切ありません!

他のANAカードだと、

  • カード利用明細書を紙からWEBに切り替えると年会費割引
  • マイ・ペイすリボに登録すると年会費割引

などの割引サービスがあるのですが、

ANA VISAプラチナプレミアムは割引にならないんですね。

「この年会費にふさわしいサービスを提供している」というカード会社の自信の表れかと私は捉えています。

ANA国内線ラウンジサービスが同伴者NG

あえてもう一つデメリットを書くと、

ANA国内線ラウンジがカード保有者本人しか入れないことです・・・

これは私の体験談なのですが、

家族で帰省する際、

妻に「子供(1歳児)にどこかでご飯を食べさせたいんだけど・・・」

と言われた私は

「俺に任せて!ANAのプラチナカード持ってるから!ANAラウンジ行こう!すごいよ!」

と張り切って家族をANA国内線ラウンジの受付まで連れて行ったところ

「申し訳有りませんが、カードご本人様しか入室できません」と言われて、

家族の前でいきがったあげく、入れないという恥ずかしい思いをしたことがありました。

トボトボ、ANAラウンジ受付から到着ゲートまでの長い廊下を歩いて帰るのは、

幼子を抱いた妻に対して大変申し訳なかったです・・・

お金で解決できたら良かったんですが、

羽田の国内線ラウンジは事前申込み以外は、お金を払っても入室できないんです・・・

(羽田以外の国内線ANAラウンジはそもそもお金払っても入室できない)

妻はやさしく「別にラウンジじゃなくても大丈夫だよ!」と言ってくれましたが、

うぉー次はSFC(スーパーフライヤーズカード)手に入れるからなー!

と心に固く誓うことになりました(笑)

まぁそんな敷居の高いANAラウンジに、本人だけでも入れる!

というのはありがたいメリットなんですけどね・・・

まとめ

さて、

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」

買い物・経費決済を中心にマイルを貯めようと思っている方には非常に重宝するカードだと思います。

年会費8万円+消費税はマイルを貯めることですぐに元が取れると思います。

1マイルの価値を平均4円で計算すると

年間800,000円以上のカード決済をすると年会費は回収できます。

  •  年会費88,000円と同じ価値のマイル数は、88,000÷4円/マイル=22,000マイル
  •  自動継続すると毎年10,000マイルプレゼント
  •  1年間で、22,000マイル-10,000=12,000マイル以上貯めれればお得!
  •  12000マイル✕100円/1.5マイル=800,000円決済で年会費回収!

私は、不動産投資家になって賃貸経営に関わる経費や固定資産税などが増えてきたので、

ANA VISAプラチナプレミアムカードを作ったのですが、

生活費と経費の決済だけであっという間に20万マイル貯まってしまいました!

貯まったマイルで、家族と両親へハワイ旅行をプレゼントすることにしています!

また、この人生初のプラチナカードのおかげで、

今まで知ることのなかった上級カードのサービスの数々を体験することができました!

そして、上級のサービスに触れることで、よーしもっと不動産投資家として成長するぞーと活力をもらいました!

買い物・経費決済を中心にマイルを貯めようと思っている方(航空券をたくさん買う方にもおすすめ!)

プラチナカードのサービスを受けてみたい方

はぜひ申し込みしてみてください!

そしてスーパーフライヤーズを目指しましょうー!

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードは固定資産税の支払い・不動産投資におすすめ!

マイル還元率が1.5%と最強!のANA VISAプラチナプレミアムカードは、

固定資産税の支払い、不動産投資に相性バッチリです!

詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください!

【2022年9月】納税でニンマリ!固定資産税のクレジットカード払いのメリット、ポイント高還元率のおすすめお得なカードは?

【2022年9月】不動産投資でマイルが湧いてくるクレジットカード徹底解説

ANAのクレジットカードで一気に大量のマイル・ポイントを貯めたい方におすすめのカード

ANAのクレジットカードで一気に大量のマイル・ポイントを貯めたい方には、

ANAアメックスゴールドカードのキャンペーン、

もしくはソラチカカードの入会キャンペーンがおすすめです。

6万~7万の大量マイルが新規入会特典で一気に貯まります!

【2022年8月】139,000マイル獲得!ANAアメックスゴールドのお得なポイントサイト、入会キャンペーンを解説!

【2022年9月】37,800マイルの入会キャンペーン中!ソラチカカードゴールド!お得な入会方法(最新ポイントサイトとキャンペーン)

 

JALマイルをクレジットカードで効率的に貯めたい方へのおすすめカード

私はANAマイルではなくて、JALマイルを納税で貯めたいんだ!という方は、

こちらのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードが納税で一番JALマイルが貯まります。

年会費22,000円(年間利用200万円で年会費半額)の低コストで、

JALマイル還元率1.125%!

auPayとの併用で0.25%上積みでJALマイル還元率1.375%になります!

海外ラウンジのプライオリティパスもついてくる

コストパフォーマンス最強でこちらもかなりおすすめのカードです!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードの記事はこちら

【2022年9月34,000円】セゾンプラチナビジネスのお得な入会キャンペーン徹底解説!ポイントサイトより紹介プログラムが断然お得!

 

JALマイルを貯めたい方へはこちらの記事がおすすめです!

JAL派の不動産投資家のためのJALカード比較!&マイル、特典、年会費からおすすめのカードはこれだ!

ライター紹介 ライター一覧

不動産マイルしん

不動産マイルしん

2016年に本格的に不動産投資を開始して、
地方中古RCを中心に毎年1棟ずつ買い増して、
2019年に家賃年収5,000万円、ローン返済・経費を差し引いた年間キャッシュフローが1,000万円を突破しました!

不動産投資のかたわらマイルを貯めることを研究。
資産がなくてもマイルを貯める方法を確立。
日常生活の工夫でマイルを貯める方法を
Twitterとブログで発信中。
不動産投資のノウハウも書いてます!

Twitterで不動産マイルしんをフォローする

関連記事

  • 【2022年1月】ふるさと納税でマイルを貯める!おすすめの方法やポイントサイトを解説!

  • 【2022年10月19,500マイル】ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCBのお得な入会方法(最新ポイントサイトとキャンペーン)

  • 【2022年最新】スマホ決済で一番マイルが貯まるのはauPAY!組み合わせに最適なクレジットカードはどれ?

  • 【2022年10月】不動産投資でマイルが湧いてくるクレジットカード徹底解説

  • ANA東急ルート(TOKYUルート)が閉鎖

  • 初心者陸マイラーにはわかりにくい「マイ・ペイすリボによるマイル還元率アップ法」の解説