1. TOP
  2. クレジットカード納税
  3. 持ち家の固定資産税は年会費無料のカード払いがお得!

持ち家の固定資産税は年会費無料のカード払いがお得!

持ち家やマンションをお持ちの方なら必ず納めなくてはいけない固定資産税・・・

どうせ払わなければ行けないのであれば、

せめて納税でクレジットカードのポイントを貯めて、納税の苦痛を和らげましょう!

本記事では固定資産税の支払いにおすすめの「年会費無料」のクレジットカードを提案します!

もくじ

持ち家、分譲マンションの固定資産税の目安は10万円~20万円

一戸建てや分譲マンションの固定資産税はだいたい10万円~20万円くらいです。

それであれば、

カード利用料の1%ポイントがたまるカードで支払うと、

もらえるポイントは1,000ポイントから2,000ポイントです。

それくらいのポイントならわざわざ年会費有料のクレジットカードで払わなくて良いや

という方が多いかと思いますので、年会費無料で固定資産税の納税にお得なカードを徹底リサーチしました!

 

※固定資産税が50万円以上の高額納税者はこちらの記事がおすすめです。↓

固定資産税のクレジットカード払いのメリット、ポイント高還元率のおすすめカード

 

本記事で紹介するカードは基本的に1ポイント=1円の価値のポイントを貯めることになります。

その場合は、対応している自治体がまだ少ないですが、

固定資産税の納税に手数料がかからないスマホ決済の方がクレジットカードよりもお得です。↓

手数料がかからないスマホ決済の固定資産税の納税

 

納税におすすめ!お得な年会費無料のクレジットカード

この記事で紹介するカードの一覧になります。

 

カード 年会費 納税時還元率(%) 貯まるポイント 備考
DCカードJizile 無料 1.5% DCハッピープレゼント リボ払い専用カード
P-one Wiz 無料 1.5% ポケット・ポイント リボ払い専用カード

請求時1%減額とポケットポイント0.5%

リクルートカード 無料 1.2% リクルートポイント リクルートポイントはPontaに交換可能
楽天カード 無料 1.0%(6月より0.2%) 楽天スーパーポイント ポイントが楽天ペイで使える
dカード 無料 1.0% dポイント ポイントがd払いで使える

 

無料で還元率が最も高いカードはリボ払い専用カード

リボ払い専用カードというのは、

その名の通り、支払いがリボ払いしかできないリボ払い専用のカード、もしくはデフォルトがリボ払いのカードになります。

カード会社が手数料で稼げるのでポイントの還元率が高いですが、

その分リボ払いの手数料で損してしまう・・・そんな恐ろしいカードです。

そんなものおすすめするなよ!!って思われた方!

安心してください。

ここで紹介するDCカードJizileとP-one Wizは、毎回全額支払いに変更することができますので、

リボ払いの利子や手数料を払わずに、高還元でポイントを得ることができます!

納税で1.5%ポイントが貯まるDCカードJizile

三菱UFJニコスが発行するDCカードJizileはDCハッピープレゼントがカード利用額の1.5%貯まります!

これは私が固定資産税の高額納税者におすすめしているANA VISA プラチナカード並の還元率になります!

ただし、1.5%の還元率となるのはポイントをギフト券に交換したときだけですのでご注意ください。

 

1ヵ月のカード利用額1,000円ごとにDCハッピープレゼントは3ポイント貯まります。

DCハッピープレゼントは、

5,050ポイントで25,000円の三菱UFJニコスギフトカードに交換できます(1ポイント≒5円の価値なので還元率1.5%)

他のポイントの交換では

  • DCハッピープレゼント100ポイント=Tポイント 400ポイント
  • DCハッピープレゼント100ポイント=dポイント 400ポイント
  • DCハッピープレゼント100ポイント=Ponta 400ポイント

という交換比率ですので、1ポイント=4円の価値なので還元率1.2%となります。

 

DCカードJizileは初回手数料無料でデフォルトがリボ払いになっているカードですが、一括払いにすることができます。

月のカード利用額が毎月の支払い設定額以上でも残高の一括払い手続きをすれば、手数料は一切かかりません。

手続きは会員サイト「DC Webサービス」もしくはコールセンターに電話すれば良いだけです。

リボ払い専用カードでも毎月全額一括払いしておけば手数料はかからず、ポイントは1.5%もらえてノープロブレムです!

全額一括払いしなかった場合は、

支払い残金に対して、翌月からリボ払い手数料と名付けられた年率15.0%(月利1.23%)の金利が発生しますので十分にご注意ください!

ちなみに毎月手続きが面倒な方は、

コールセンターでお願いすると、常時、カード利用限度額近くまで支払い設定額を変えれます。

この裏技がいつまでできるかはわかりませんが、

毎月手続き不要というのは会社にとっても事務手続きが減って得なわけですから、

まずは電話してみると良いと思います。

ずっと全額払いの設定が選べるのに1.5%還元のP-one Wiz

続いて同じくリボ払い専用カードで、1.5%還元のカードP-one Wizです

発行会社はポケットカード株式会社です。ファミマTカードを発行している会社ですね

こちらのカードの還元方法はかなり特徴があって面白いです。

まず、利用時に自動的に1%割引されます。(カード利用明細には1%割引された金額が並ぶ)

そしてさらにカード利用1,000円につきポケットポイントが1ポイントもらえます。

P-one Wizで貯めたポケットポイントは100ポイントでTポイント500ポイントへ交換することができます。

Tポイントは1ポイント=1円なので、0.5%還元ですね。

1%割引と、0.5%ポイントをあわせて1.5%還元というわけです。

ポイントではなくて、現金で割引してくれるのはポイント交換の手間がなくて楽ちんです。

P-one Wizもデフォルトがリボ払いになっているカードですが、一括払いにすることができます。

しかも、「ずっと全額コース」という設定がもともと用意されてます。

なのでカードが到着したらまず最初に「ずっと全額コース」に設定すれば、リボ払いの手数料を払うことなく、1.5%の還元を得ることができます。

デフォルトがリボ払いですので、「ずっと全額コース」に設定したあとも、設定が切り替わったかしっかり確認するのが重要です。

全額一括払いしなかった場合は、支払い残金に対して、翌月からリボ払い手数料として年率18.0%(月利1.5%)の金利が発生しますので十分にご注意ください!

 

無料で高還元率なカードといえばリクルートカード

DCカードJizileとかP-one Wizなんて聞いたこと無いよ・・・

リボ払いカードはちょっと・・・

と心配な方はリクルートカードがおすすめです。

DCカードJizile、P-one Wizは高還元で、発行会社もある程度信頼できますが、

会員がみんな一括払いを選ぶようになったら還元率が下がる、一括払いができなくなるなどの改悪が予想されます。

それに比べればリクルートカードは有名カードですし、

年会費無料で還元率1.2%で安定の一枚かと思います。

納税はもちろんのことSuicaのチャージでも1.2%ポイントが貯まるのが嬉しいです。

貯まるポイントはリクルートポイントで、毎月の利用額の合計の1.2%のポイントが貯まります。(小数点第一位以下切り捨て)

デメリットと言えば、リクルートポイントの使い勝手が悪いことぐらいですが、

リクルートポイントはPontaと等価交換することができるので、実際のところデメリットは殆どないカードです

リクルートカードはポイントサイトから入会でキャンペーンとの二重取りがお得

また、リクルートカードがおすすめな理由は、

ポイントサイト経由で入会すると、

入会キャンペーンの特典でもらえる6,000円~10,000円のプレゼントに加えて、

ポイントサイトから3,000円~5,000円くらいのポイントがもらえるところです。

固定資産税の支払い以上に入会特典で得することができるのでこの機会に入会してみてはいかがでしょうか?

【2022年2月最大10,200Pt】リクルートカード入会でお得なポイントサイトを比較!おすすめはココだ!

固定資産税の納税でPontaポイントを貯めるのであれば、

auPayで納税したほうがお得です!

対応している地方自治体が少ないですので、対応していたら超ラッキーです

ご興味のある方は是非こちらの記事もお読みください。

【2022年最新】auPAY、PayPay、LINE payの固定資産税の支払い方法のメリット・デメリットを解説!メリットは手数料ゼロ!

 

高還元でなくても、ポイントが使いやすい楽天カード、dカードはおすすめ

いくら高還元でも、リボ払い専用カードや、マイナーなポイントが貯まるのはちょっと・・・

という方は素直に楽天カードかdカードを使いましょう!

どちらのカードも楽天ペイやd払いのスマホ決済を普及させるためにバンバンキャンペーンやってますから、

固定資産税以外にもポイントが貯めやすいですし、入会特典も大盤振る舞いです!

楽天スーパーポイントもdポイントもとても使いやすいですしおすすめです。

 

楽天カード

カード会員数2000万突破(20年6月)の大人気カードになります。

楽天が発行するカードで、

ポイント還元率は1.0%で、カード利用額100円につき楽天スーパーポイントが1ポイントもらえます。

固定資産税でも還元率は1.0%ですが、

残念ながら2021年6月より、納税・光熱費の支払いが500円ごとに1ポイントの還元率0.2%になってしまいました。

(アメックスよりもひどいです・・・)

 

固定資産税の支払いにはおすすめできませんが、

楽天カードで楽天市場でお買い物すると100円につき、さらに2ポイントもらえますので、

楽天市場ではポイント還元率3.0%になるカードです。

また楽天ポイントを使える場所・貯めれる場所は楽天のサービスだけではありません。リアル店舗が街中に広がっています。

 

楽天カードはポイントサイトから入会でキャンペーンとの二重取りがお得

楽天カードも、

ポイントサイト経由での入会がお得です。

入会キャンペーンの特典でもらえる5,000円のプレゼントに加えて、

ポイントサイトから5,000円前後のポイントがもらえます

 

【2022年2月13,000円】楽天カード入会でお得なポイントサイトを比較!おすすめはココだ!

 

dカード

こちらも会員数2000万オーバーの大人気カード

ドコモが発行するカードで、

ポイント還元率は1.0%で、カード利用額100円につきdポイントが1ポイントもらえます。

固定資産税でも還元率は1.0%です。

dポイントはスマホ決済のd払いで使えますので、こちらも楽天スーパーポイントと同様にお金をもらってるのと変わりませんね。

ドコモの携帯を購入すると1年間最大1万円の補償がつく特典があり、

今までなら、ドコモユーザーならお得なカードという位置づけでしたが、

ドコモがd払いを普及させるために、利益度外視のキャンペーンを常時バリバリにやっているので、

今は誰が入ってもお得なカードになります。

d払いは、どのクレジットカードとも紐付け可能ですが、

d払いのお得なキャンペーンへの参加の条件が大抵「d払いの引き落としクレジットカードがdカードであること」となっています。

dカードはポイントサイトから入会でキャンペーンとの二重取りがお得

dカードも、

ポイントサイト経由での入会がお得です。

入会キャンペーンの特典でもらえる6,000円~8,000円のプレゼントに加えて、

ポイントサイトから3,000円前後のポイントがもらえます

固定資産税の支払い以上に入会特典で得することができるのでこの機会に入会してみてはいかがでしょうか?

【2022年2月時点】dカードでお得なポイントサイトは?おすすめはココだ!

ちなみにゴールドカードのdカードゴールドはポイントサイトでもらえるポイントが破格なので、

ポイントサイトで入会すると得なカードとして去年からずっと話題になっています!

(私も入会して、半年使ってdカードに戻しました(笑))

【2022年2月最大24,000Pt!】dカードゴールド入会でお得なポイントサイトを比較!おすすめはココだ!

まとめ:固定資産税の支払いにおすすめの年会費無料クレジットカード

この記事では固定資産税の支払いにおすすめのカード(年会費無料)として以下のカードを紹介しました。

カード 年会費 納税時還元率(%) 貯まるポイント 備考
DCカードJizile 無料 1.5% DCハッピープレゼント リボ払い専用カード
P-one Wiz 無料 1.5% ポケット・ポイント リボ払い専用カード

請求時1%減額とポケットポイント0.5%

リクルートカード 無料 1.2% リクルートポイント リクルートポイントはPontaに交換可能
楽天カード 無料 1.0%(6月から0.2%) 楽天スーパーポイント ポイントが楽天ペイで使える
dカード 無料 1.0% dポイント ポイントがd払いで使える

少しでも多くポイントを貯めたいなら、リボ払い専用カードのDCカードJizileかP-one Wizカードがおすすめです

どちらも全額一括払いの手続きを忘れないように気をつけてください。

無料で還元率が高いカードは改悪が心配という方はリクルートカードがおすすめです。

REXカード(還元率1.25%)がなくなった今、リクルートカードが無料カードの中で還元率が最強ですし、

有名カードです。還元率1.2%は維持してくれるんじゃないでしょうか?

 

還元率ではなくて使い勝手や入会キャンペーンで得しよう!という方はdカードがおすすめです。

d払いと紐付けられるので、ポイントがお金のように使えますし、

キャッシュレス普及のためになにかとキャンペーンをやってますのでポイントが貯めやすいです。

 

 

私は、2017年から固定資産税の支払いをクレジットカードに切り替えました。

それにより、現金の準備など必要なく、いつでもどこでも思い出したときに納税できるようになり、

大変ストレスが無くなりました。

今は無料でお得なクレジットカードがたくさんありますので、

あなたもぜひこの機会に固定資産税の支払いをクレジットカードに変えてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

年会費無料のクレジットカードの納税よりもスマホ決済の納税のほうがお得

記事で紹介するカードは

1ポイント=1円の価値のポイントを貯めるクレジットカードでした

その場合は、対応している自治体がまだ少ないですが、

手数料がかからないスマホ決済の方が、

固定資産税の納税の実際の還元率がクレジットカードよりも高くておすすめです。

手数料がかからないスマホ決済の固定資産税の納税に興味のある方はこちらの記事をどうぞ!

【2022年最新】auPAY、PayPay、LINE payの固定資産税の支払い方法のメリット・デメリットを解説!メリットは手数料ゼロ!

50万円以上の高額納税をされる方のクレジットカード

高額の固定資産税を納税される場合は年会費有料でもそれ以上に得するカードがありますので、そちらを作られることを強くおすすめします。

私は2019年に納税するクレジットカードをANA VISA プラチナプレミアムカードに換えたところ、

あっという間に20万マイル以上を貯めることができましたので、家族と両親へハワイ旅行をプレゼントすることにしました。

興味のある方はこちらの記事をお読みください。

【2022年2月】納税でニンマリ!固定資産税のクレジットカード払いのメリット、ポイント高還元率のおすすめお得なカードは?

 

ライター紹介 ライター一覧

不動産マイルしん

不動産マイルしん

2016年に本格的に不動産投資を開始して、
地方中古RCを中心に毎年1棟ずつ買い増して、
2019年に家賃年収5,000万円、ローン返済・経費を差し引いた年間キャッシュフローが1,000万円を突破しました!

不動産投資のかたわらマイルを貯めることを研究。
資産がなくてもマイルを貯める方法を確立。
日常生活の工夫でマイルを貯める方法を
Twitterとブログで発信中。
不動産投資のノウハウも書いてます!

Twitterで不動産マイルしんをフォローする

関連記事

  • 【2022年5月最大14,000Pt】au PAY カード入会でお得なポイントサイトとキャンペーンは?おすすめはココだ!

  • 不動産取得税をクレジットカードで払えてポイントが貯めれるのは超お得で超ラッキー

  • 【2022年5月最大500円!】SBI証券の確定拠出年金iDeCoでお得なポイントサイト・キャンペーンを比較!おすすめはココだ!

  • 【2022年最新】自動車税・軽自動車税、ポイントで得するのはどれ?auPay,PayPay,LinePay,クレジットカードのメリット・デメリット徹底比較

  • 【2022年5月】PayPay銀行(ペイペイ銀行)口座開設でお得なポイントサイト・キャンペーンを比較!おすすめはどこ?

  • 固定資産税の支払いにSPGアメックスをおすすめできない理由