1. TOP
  2. スマホ納税
  3. PayPayの請求書払いのメリットは固定資産税の支払いがポイント還元率最大1.5%でクレジットカード払いやnanacoよりもお得!

PayPayの請求書払いのメリットは固定資産税の支払いがポイント還元率最大1.5%でクレジットカード払いやnanacoよりもお得!

今までずっと固定資産税の支払いで得するクレジットカードを調べてきましたが、

スマホ決済の登場でキャッシュレス納税に大きな変化点が到来しました!

なんと、スマホ決済では納税の手数料がゼロ円です!

納税でポイントが貯まる決済方法を選べば、納税して貯まるポイントが丸取りになるので、

クレジットカード納税よりもスマホ決済のほうがお得です。

ということで、

PayPayの固定資産税の支払いを調べてみました!

早速結論ですが、

  • 固定資産税のPayPay払いは手数料0円
  • 固定資産税のPayPay払いは還元率0.5%~1.5%
  • 前月の利用回数と前回の利用料で還元率決定。還元率1.5%は困難
  • 対応している地方自治体は590弱(2021年2月19日時点)

です!

最後におまけで元祖「固定資産税のお得な支払い方」のnanacoとも比較してます!

 

PayPay(ペイペイ)の請求書支払い方法

0.5~1.5%の高還元でポイントが貯められるのが、Pay Pay 請求書支払いです

Pay Pay 請求書支払いとは、

電気・ガス料金などの公共料金の請求書(払込票)をスマホで読み取って、Pay Pay 残高で支払いができるサービスです。

 

還元率は0.5~1.5%で、

なんと手数料0円です!!

 

クレジットカードの納税のように手数料が取られないので、

ポイントが丸取りできます!

10万円納税すると最大1,500円返ってきます!

 

Pay Pay(ペイペイ)の請求書払いによる固定資産税の支払い方のメリット・デメリット

デメリット:PayPayはクレジットカードのチャージからはポイントが付かない

PayPayは支払い方法が2種類ありますが、請求書払いはチャージしたPayPay残高からしか払えません。

PayPay残高にチャージできるクレジットカードはヤフーカードしか無いですが、

ヤフーカードでチャージしてもポイントがつきません。

つまり、

PayPayはチャージではポイントがつきません。

 

 

ということで、PayPay 請求書払いは支払い時にだけポイントがもらえます。

 

PayPay残高のチャージはカード連携、銀行口座はどちらでも構いません。

ヤフーカードは新規作成でポイントがもらえますのでその分はお得です

ヤフーカードにご興味のある方はこちらの記事もどうぞ!

【2021年4月時点】ヤフーカード入会で最大12,500Pt!お得なポイントサイトを比較!おすすめはココだ!

 

PayPayと銀行口座を連携させるのであれば、

同じソフトバンクグループ参加のPayPay銀行を連携させるのが良いのではないでしょうか?

PayPay銀行はPayPayマネーの出金手数料が無料です!

PayPay銀行にご興味のある方はこちらの記事もどうぞ!

【2021年4月30日まで】PayPay銀行(ペイペイ銀行)口座開設で4,500円!公式キャンペーン!ポイントサイト案件は現在ありません!

 

デメリット:固定資産税の支払い時にPayPayでもらえるポイント還元率は最大1.5%だが達成は難しい

PayPay 請求書払いの支払いの還元率は前月の決済回数と決済金額の累計により変わります

まず基本の還元率が0.5%で、

前月の決済回数が50回以上で0.5%UP

前月の決済金額の累計が10万円以上で0.5%UP

となります。

 

つまり、1.5%の還元率が達成されるのは、

前月の100円以上の決済が50回以上かつ、

前月の累計決済金額が10万円以上のとき

だけです。

PayPay決済で月10万円以上の決済ってどんなときだよ??

それこそ固定資産税の納税した月くらいじゃない??

って感じです

 

高いものを支払った、次の月の支払いは還元率UPする

ってことですから、正直使いづらいです。

ただ、

10万円以上の固定資産税を支払った次の月は還元率0.5%UPですね!

 

前月の決済回数も50回というのも

実は結構な回数かと思われます。

 

毎日コンビニで1回買い物しても、30回ですからね。。。

普段から支払いをすべてPayPayに集めている方であれば、0.5%UPが可能かもしれないですね

 

ですので、

PayPay請求書払いの実質の還元率は0.5%と考えていいと思います!
(日常の支払いをPayPayに集めてる人なら1.0%)

 

まぁ還元率1.2%のリクルートカードで納税しても、0.8%手数料持っていかれたら、

実質還元率は0.4%ですから、

お手軽にPayPayで納税できて、ポイントが0.5%貯まるというのは悪くないと思います

 

paypayインストール_IOSはこちらをクリック

paypayインストール_アンドロイドはこちらをクリック!

 

デメリット:PayPayの請求書支払いのポイント付加の上限は7,500円

PayPayのポイントがもらえる上限は、

  • 「1回の支払い」では7,500円相当(1.5%還元で50万円の支払いまで)
  • 「1ヶ月間の合計上限」は15,000円相当(1.5%還元で100万円の支払いまで)

です。

それ以上の支払いをしてもポイントが付きません。

固定資産税の支払いは4期に分かれているので、

まずまず対応可能かと思います。

 

メリット:Pay Pay請求書支払いに対応している支払先が多い

公共料金の支払先

対応先は他のスマホ決済より多いです。

 

Pay Payの固定資産の支払いに対応している地方自治体

590弱の地方自治体で固定資産税が支払えます。(21年2月19日時点)

各都道府県の対応市町村数は以下の通りです

全都道府県で2つ以上の市町村がPay Payの固定資産税支払いに対応しています。

他のスマホ決済と比べると支払える地方自治体数はPayPayが一番多いです!

北海道、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、長野、愛知、岐阜、兵庫、福岡あたりが手厚いです。

 

都道府県 対応市町村数
北海道 31
青森 11
岩手 3
宮城 14
秋田 6
山形 6
福島 5
東京 8
神奈川 9
千葉 13
埼玉 26
茨城 35
栃木 19
群馬 21
山梨 18
新潟 11
長野 18
富山 10
石川 10
福井 15
愛知 24
岐阜 24
三重 17
静岡 11
滋賀 8
京都 13
大阪 14
兵庫 20
奈良 17
和歌山 14
鳥取 7
島根 4
岡山 4
広島 11
山口 6
徳島 2
香川 5
愛媛 5
高知 8
福岡 18
佐賀 3
長崎 10
熊本 2
大分 12
宮崎 13
鹿児島 13
沖縄 10

詳しくは公式ページをご参照ください。日々対応先は増えています。

 

paypayインストール_IOSはこちらをクリック

paypayインストール_アンドロイドはこちらをクリック!

 

メリット:支払い上限が高い

こちらも支払いのしやすさに関わるメリットですが、

PayPay残高で支払う場合は1日の上限金額が50万円と高くて便利です。

(本人確認が必要です)

もともと、

請求書払いには、納付書1枚につき金額が30万円以下のものしか使用できませんので、

余り使うことはないかもしれませんが(笑)

 

もし1回の納付額が30万以上でも、

「スマホ決済がしたいので納付書を分けてください」

と市町村に掛け合えば良いと思います。

対応は分かれるかもしれませんが、

快く納付書を分割してくれる地方自治体が多いと思います。

 

そうした場合PayPayの一日の上限金額が50万円というのは心強いですね!

 

Pay Pay(ペイペイ)の請求書払いで固定資産税を納税する方法・手順

Pay Payの請求書支払いで固定資産税支払う手順は以下の通りです

支払いにはスマホと請求書が必要です。

  1. Pay Payのトップ画面の「スキャン」アイコンをタップ
  2. 請求書 (紙払込票) のバーコードを読み取り
    カメラが起動するので、カメラで請求書のコードを写します
  3. 決済確認画面で請求書 (紙払込票) の情報と相違ないことを確認のうえ「支払う」をタップ
  4. 支払完了。

以上です!

 

今まで私は、請求書を持って、コンビニ行って、ATMでお金おろして、レジで払う

というのをやっていたので、

家でスマホで納税できるってのはめちゃめちゃ便利です!

 

 

まとめ:Pay Pay(ペイペイ)で固定資産税を支払うと手数料ゼロ!還元率最大1.5%だが達成は困難

Pay Payで固定資産税が支払えるかを調べてみましたが

  • 固定資産税のPayPay払いは手数料0円
  • 固定資産税のPayPay払いは還元率0.5%~1.5%
  • 前月の利用回数と前回の利用料で還元率決定。
    →還元率1.5%は困難、実質0.5%
  • 対応している地方自治体は590弱(2021年2月19日時点)

 

ということがわかりました。

還元率1.5%に上げる難易度が高いのが残念ですね。

ただ実質0.5%の還元率であればまぁまぁお得かと思います。

1.5%の還元率のクレジットカードで納税するのと同じ程度のお得度ですね!

 

paypayインストール_IOSはこちらをクリック

paypayインストール_アンドロイドはこちらをクリック!

 

PayPay残高のチャージはカード連携、銀行口座はどちらでも構いませんが、

ヤフーカードは新規作成でポイントがもらえますのでその分はお得です!

この機会にヤフーカードを作成してみてはいかがでしょうか?

【2021年4月時点】ヤフーカード入会で最大12,500Pt!お得なポイントサイトを比較!おすすめはココだ!

 

PayPayと銀行口座を連携させるのであれば、

同じソフトバンクグループ参加のPayPay銀行を連携させるのが良いのではないでしょうか?

PayPay銀行はPayPayマネーの出金手数料が無料です!

PayPay銀行にご興味のある方はこちらの記事もどうぞ!

【2021年4月30日まで】PayPay銀行(ペイペイ銀行)口座開設で4,500円!公式キャンペーン!ポイントサイト案件は現在ありません!

 

対応する地方自治体はまだまだ少ないですが、auPayのほうが、

固定資産税の納税や請求書払いで高還元でポイントが付くので得をすることができます!

ぜひこちらの記事もチェックしてみてください!

【2021年最新】auPAY、PayPay、LINE payの固定資産税の支払い方法のメリット・デメリットを解説!メリットは手数料ゼロ!

 

PayPay(ペイペイ)で固定資産税を払うよりかはクレジットカードの方がお得かも・・・

クレジットカード払いでも、

貯めるポイントの価値が高ければ得をすることができます!

PayPayの還元率が0.5%であるならば、

 

こちらの記事で紹介しているカードで納税したほうがお得だと思います!

 

クレカ払いの手数料を差し引いて、

還元率0.5%

なおかつ1ポイント2円以上の価値のあるポイントを貯めることができるカードはあります!

 

年会費無料のカードだと、スマホ決済に比べるとお得度に見劣りがありますが、

何ももらえないよりお得かと思います!

支払いたい地方自治体がスマホ決済に対応していない場合は

是非こちらの記事もお読みください!

 

固定資産税の支払い方、nanaco(ナナコ)とPayPay(ペイペイ)を比較してみるとどっちがお得?

おまけとして、元祖「固定資産税でポイントを貯めるお得な支払い方法」のnanacoと比べてみました。

決済方法 還元率 手数料 支払場所 上限金額 その他条件
nanaco 0.5% 0円 セブンイレブン 5万円/回
  • ポイントが付くのはチャージのみ
  • チャージできるのはセブンカードプラスのみ
  • 支払金額がチャージ金額を超えた分はオートチャージを繰り返して対処
  • 納付書は30万円以下のものまで
PayPay 0.5%

~1.5%

0円 どこでも 50万円/日
  • PayPay残高へチャージできるのはヤフーカードだけ
  • 0.5%の還元率を上げるのには、前月の100円以上の決済が50回以上、
  • もしくは前月の累計決済金額が10万円以上が必要
  • 納付書は30万円以下のものまで

nanacoをひいき目に見て還元率は互角としても利便性はPayPay

というところでしょうか。

まず、どこでも納税できるという点でPayPayは便利です!

 

いやそれでもコンビニくらい行くでしょう?って話もありますけど

nanacoのチャージ金額を超えた分はオートチャージを繰り返して対処というのが面倒すぎます!

 

nanacoの5万円以上の固定資産税の払い方は面倒すぎる
nanacoでの固定資産税の払い方【5万円から10万円以下までの金額】
  1. nanacoに5万円分クレジットチャージして、残高確認をする
    nanaco残高5万円、センターお預かり分0円)
  2. 再び5万円分クレジットチャージする
    nanaco残高5万円センターお預かり分5万円
  3. レジに行き、固定資産税を支払う
  4. 固定資産税が5万円以上なのでnanaco残高が0円になる。
    (nanaco残高0円、センターお預かり分5万円
  5. 店員さんに「残高確認をお願いします」という。
    (nanaco残高0円、センターお預かり分5万円
  6. 残高確認をしてもらう。
    nanaco残高5万円、センターお預かり分0円)
  7. 固定資産税-5万円の差額を払う
nanacoでの固定資産税の払い方【10万円を超えるき金額】
  1. nanacoに5万円分クレジットチャージして、残高確認をする
    nanaco残高5万円、センターお預かり分0円)
  2. 再び5万円分クレジットチャージする
    nanaco残高5万円センターお預かり分5万円
  3. nanacoのクレジットカードオートチャージを設定する。額は上限の3万円
  4. レジに行き、固定資産税を支払う
  5. 固定資産税が10万円以上なのでnanaco残高が0円になる。
    (nanaco残高0円、センターお預かり分5万円
  6. 店員さんに「残高確認をお願いします」という。
    (nanaco残高0円、センターお預かり分5万円
  7. 残高確認をしてもらう。
    nanaco残高5万円、センターお預かり分0円)
  8. 引き続き、固定資産税を支払う
  9. 固定資産税が10万円以上なのでnanaco残高が再び0円になる。
    (nanaco残高0円、センターお預かり分0万円)
  10. オートチャージ発動!
    nanaco残高3万円
  11. 引き続き、固定資産税を支払う
  12. オートチャージ発動!
    nanaco残高3万円
  13. 引き続き、固定資産税を支払う
  14. ・・・固定資産税を支払い終わるまで繰り返す

 

いやもう良いよ!発動しなくって!

 

ちなみにさっき私は28万円の固定資産税払ってきました。

(クレカもスマホ決済も対応してませんでした。シクシク)

もしnanacoで払ってたら、

nanacoチャージ分5万円、センター預かり分5万円に

オートチャージ3万円を6回繰り返せば払えます・・・

 

はい!

ということで、

「どこでも納税」&「使い方によってはポイント還元率1.5%」

のPayPayの完勝かと思います。

請求書払いはスマホ決済の時代ですね!

paypayインストール_IOSはこちらをクリック

paypayインストール_アンドロイドはこちらをクリック!

 

【2021年最新】auPAY、PayPay、LINE payの固定資産税の支払い方法のメリット・デメリットを解説!メリットは手数料ゼロ!

 

とはいえ、私は切手もコピー機にも使えるnanacoは実は大好きだったりします!

nanacoにオートチャージできる唯一のカードセブンカード・プラスのお得な入会方法のご紹介はこちらです(笑)

【2021年4月時点】セブンカード・プラス入会で最大15,700Pt!お得なポイントサイトを比較!おすすめはココだ!

不動産取得税も光熱費もスマホ決済のほうがポイントが貯まります!

【2021年最新】お得なPayPay,LINEPayの不動産取得税の支払い方法を解説!メリットは高還元率!スマホ決済がクレカ払いより断然おすすめ!

auPay,LINEPay,PayPayの光熱費の支払い方のおすすめはどれ?メリットは高還元率!スマホ決済がクレカ払いより断然お得

収益不動産のようにマイルが貯まる仕組み知りたくないですか?


毎月10万マイル貯める無料メールセミナー開催中

マイルの賢い貯め方解説してます!

無料メール講座の登録はこちらから


ライター紹介 ライター一覧

不動産マイル投資家しん

不動産マイル投資家しん

2016年に本格的に不動産投資を開始して、
地方中古RCを中心に毎年1棟ずつ買い増して、
2019年に家賃年収5,000万円、ローン返済・経費を差し引いた年間キャッシュフローが1,000万円を突破しました!

不動産投資のかたわらマイルを貯めることを研究。
資産がなくてもマイルを貯める方法を確立。
日常生活の工夫でマイルを貯める方法を
Twitterとブログで発信中。
不動産投資のノウハウも書いてます!

Twitterで不動産マイルしんをフォローする

関連記事

  • auPayの請求書払いのメリットは光熱費の支払いがポイント還元率最大2.5%でクレジットカード払いやnanacoよりもお得!

  • PayPayの請求書払いのメリットは不動産取得税の支払いがポイント還元率最大1.5%でクレジットカード払いやnanacoよりもお得!

  • LINEPayの請求書払いのデメリット。光熱費の支払いならクレジットカードで払ったほうがお得と思う。

  • auPay,LINEPay,PayPayの光熱費の支払い方のおすすめはどれ?メリットは高還元率!スマホ決済がクレカ払いより断然お得

  • auPayの請求書払いのメリットは固定資産税の支払いがポイント還元率最大2.5%でクレジットカード払いやnanacoよりもお得!

  • 楽天ペイ・楽天Edyで固定資産税は支払える?一番楽天ポイントが貯まる納税方法は?